So-net無料ブログ作成
検索選択

프기즌(プリズン) [映画]

先日、韓国で観た映画です。
ちなみに私は年に1回資料を買ったり、映画をまとめて観るために韓国に行くんですが、
どうもこの時期はコメディーや恋愛映画があまりないんですね。
夏はホラーが多くなるし、ゴールデンウィークあたりがいいんですけど、高いので行かず…

さて、私が観たのはプリズン
movie_image.jpg

ちなみに真ん中のキャッチコピーは
“獄中から世界を操る男たち”って感じですかね。

主役は
ハン・ソッキュ 日本では八月のクリスマス、シュリ、その他たくさん
キム・レウォン 先日韓国ではドクターというドラマに出てました。個人的には映画『ヘバラギ』、ドラマ『食客』が好きですかね。

これが、ハン・ソッキュがあの八月のクリスマスの優しそうな写真館のご主人はどこへ行ったの?ってくらいの悪役でスプーンで目を刺すシーンとか(もちろん手元のアップなし)、顔色1つ変えずに平気で人を殺すんですよ。
この間、韓国のドラマでやったキムサブの正義感の強い医師と同一人物とは思えませんよ。

ちなみにチケットを買う時に、前の熟年夫婦に従業員が“ちょっと残忍な映画ですけど大丈夫ですか?”と言ってましたよ。
でも、そんな残忍な映画でも主演の2人の声がものすごくステキなので聞いてる分にはよかったです。

時々、この映画って何が言いたいんだろう…と思うことがあるんですね。
この映画もそんな感じでした。

夜になると囚人たちが刑務所からシャバに出て犯罪を犯します。
当然、捜査をしても犯人は見つかりませんよね、刑務所にいるんですから。

それも全てその刑務所の最高権力者であり、王と言われるイッコ(ハン・ソッキュ)の指図によるものです。
所長も彼のおかげで所長になれたので刑務所の中でもし放題。
一応監房に入ってはいますが、作業時間、自由時間などは刑務所内にある温室にある、その辺のワンルームよりはるかに豪華な部屋で過ごし、たばこもお酒もやり放題。
食事すら自分の好きな時間に食堂に行けばフルコースかよ!と突っ込みたくなるような料理が出てきます。
比較的に楽な作業や役立ちそうな場所に自分の息のかかった人間を配置してるのでやりたい放題です。

そこに元刑事のユゴンがやってくるところから物語は始まります。
この刑事、汚職警官としてきたものの、実際はジャーナリストだった兄が取材中に殺され、その兄が追っていた事件の解明と兄の復しゅうのために、言ってみれば潜入捜査なわけです。

刑務所の中で行われるさながら政党の権力争いのような勢力争いと、邪魔者は平気で排除していく世界。
でもそこに関わらない人たちはのんきに自由時間にサッカーみたいな、
現代社会の縮図ですよ。

日本で公開になるかは分かりませんが、観客動員数は300万人弱でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

伝説となった韓国の恋愛映画ベスト5 [映画]

っていう記事が、韓国のとあるネット新聞に掲載されてました。

ご無沙汰してました。諸処の事情によりメンタルが崩壊し(あ、病気とかじゃありませんので)
ブログなんて書く気にもなれなかったし、映画なんて観てもなかったのですが、
今日はこの記事が目にとまりました。

ちなみに私は5本とも観てまして、個人的には納得の映画です。

1位 春の日は過ぎゆく イ・ヨンエ/ユ・ジテ





韓国の恋愛映画が好きな人なら、必ず知ってると言っても過言ではないほどの名作です。
考えてみたらこれがリストに入ってないのも不思議である『八月のクリスマス』のホ・ジノ監督の2本目の作品です。
2001年公開。イ・ヨンエの“라면 먹고 갈래?(ラーメン食べてく?)”というせりふは流行語となり、今でも使われてますよね。
音効監督(サウンドマネージャー)のサンウ(ユ・ジテ)とラジオ局のPDウンス(イ・ヨンエ)の愛を描いた作品です。イ・ヨンエの名ぜりふが上記ならユ・ジテの“어떻게 사랑이 변하니?(どうして愛する気持ちが変わるんだ?:若干直訳)”というセリフもよかったよな~
ちょっと古い映画ですけど、見てない方はお勧めです。

2. 猟奇的な彼女 チョ・ジヒョン/チャ・テヒョン





いや~ラブコメですよ。最高に面白かった。それでいてちょっと泣けます。
このときのチョン・ジヒョンのかわいさといったら、別世界のものでした。
この映画が出るとなると一緒に見てほしいのが『僕の彼女を紹介します』
監督と主演(チョン・ジヒョン)が一緒なせいか同じ世界観を感じます。順序でいうと『僕の彼女を紹介します』が先ですかね。この映画の最後にカメオとしてチャ・テヒョンが出てきます。

あ、映画の紹介を忘れてましたが
平凡な大学生ギョヌ(チャ・テヒョン)と彼の前に現れた猟奇的な彼女の恋愛を描いた作品で韓国では観客動員数480万人を超えた映画です。

3. クラシック チョ・インソン/チョ・スンウ/ソン・イェジン

2003年公開。ソン・イェジンを一気にスターにした作品です。
いや~この映画、大好きだわ。家にあるので今でもたまにみます。

同じ大学に通うジヘ(ソン・イェジン)とスギョンは先輩サンミン(チョ・インソン)に恋をするところから始まり、ジヘの母親の初恋が描かれ、それと現代の2人がリンクしてくる話です。
雨の中を2人が1枚のジャケットをかぶって走るシーンは音楽と共にいまだに恋愛映画の名場面として語られてます。


このときのソン・イェジンもかわいかったな~

4. 私の頭の中の消しゴム チョン・ウソン/ソン・イェジン





2003年公開。
いわずとしれた原作は日本の小説ですが…この映画の完成度はかなり高い。
チョン・ウソンって『太陽がない』って作品と違って恋愛モノもいけるじゃ~んって感じの映画。
泣いた、泣いた。
この映画とクラシックは家にあるので今でもたまに見て泣きます。

ちなみのこの映画はディレクターズカット版がお勧め。字幕なかったかもしれないけど。
私は韓国の映画館で初めて観た作品が前述の『僕の彼女を紹介します』で2本目がこの映画なんですが
忘れもしない、当時大ファンだったソン・スンホンの入隊を見送りにいった前日かな~映画館で観たんですよね~
いろんな意味で思い出の映画です。
若年性アルツハイマーの話で
“聞いた? 私の頭の中に消しゴムがあるって…”というのが切ない…
最後の起きるささやかな奇跡もすてきでした。
この映画を観てコミという歌手が大好きになりました거미は韓国語で蜘蛛という意味なんですが
彼女、本当に歌が上手で最近では『太陽の末裔』、『구름미 그린 달빛』でOSTを歌ってますよね

5. 建築学概論 個人的にはイ・ジェフン/スジ





2012年公開。
大学で建築学科に通うスンミン(イ・ジェフン)は音楽家に通うソヨン(スジ)と出会い、互いに恋心を抱きますが、ジェフンは奥手でなかなか自分の気持ちを伝えられません。ささいなことですれ違ってしまった2人。それから月日が流れ、建築家になったスンミン(オム・テウン)の前にスヨン(ハン・ガイン)が現れます

これも韓国で見た恋愛映画の中では久々によかったなぁ~と思った映画でした。
初恋をテーマにした映画は切ないものが多く…泣けるのが多いです。

恋愛映画が嫌いじゃない人は5本ともお勧めです。
加えて
八月のクリスマス
僕の彼女を紹介します

もね!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

群盗 [映画]

録画してたのを観ましたよ。

2014年の韓国映画です。




カン・ドンウォンの映画久しぶりです。
除隊してから初めてかも。
とにかく、これだけ美形の人が悪役をやるとそりゃ怖いってことですね。

朝鮮王朝末期の1862年、民衆は悪党領主や腐敗した両班による搾取や圧政に苦しんでいた。一家3人で細々と暮らしていた と畜人トルムチ(ハ・ジョンウ)は武官のユン(カン・ドンウォン)からある女性の暗殺を任されるが、未遂に終わってしまう。口封じのために派遣されたユンの部下たちによってトルムチの家は燃やされるが、トルムチはなんとか生き延びる。ユンの屋敷に乗り込み反撃しようとするトルムチだったが、武芸の達人ユンの武術に刃が立たずに窮地に陥ったところを盗賊団「智異山チュソル」に助けられる。腐敗した領主や役人の打倒を掲げる義賊たちの一味となったトルムチは武芸を磨き、ユンへの復讐を誓う。(ウィキペディアより)

ってことなんですが、悲しいよね~
トルムチのセリフにもありましたが、と畜人は命令されたら聞かなくてはならない…つまりかなり貧しい階級の人であり、差別されてたのかもしれません。
韓国語のサイトでは쌍칼(両刀使い)トルムチとなってました。
暗殺に失敗し、失敗したからお金も返してそれで終わりだと思ってたら罪のない母親と妹は殺されてしまい、自分だけが生き残る。復讐の鬼にもなりますよね。

でも、やっぱり韓国映画ですな。主人公さえ失敗しなければうまくいったのに…って展開です。
あれだけ先走るなと仲間から言われてたのに先に矢を射ってしまい
「智異山チュソル」の親分が死に、ひいては群盗壊滅の危機に陥ってしまう。
でも誰も彼を責めないのが不思議だわ。

そして民の敵 ユン。カン・ドンウォン怖い…
彼もね~かわいそうな子なんですよ。
父に愛されてたくて必死なんですよね。庶子ってつらいよね。
何をやっても父は正妻との息子しか認めない。跡継ぎじゃなくても普通に愛情を注いでれば
ここまで歪んだ人間にはならなかったのに。
根はいい子だったんだと思うなぁ。だって弟の子供をすぐに殺したりしなかったもの。
それがせめてもの救いですよね。

トルムチ演じるハ・ジョンウ。かなり役作りしましたね。
えらくがたいのいい人になってました。
彼がうまいのは周知の事実だし、ちょっと学が足りない感じがよく表現されてました。

必ず観てね!ってほどじゃないけど
レンタルショップで悩んだりしたらどうぞ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

暗殺教室~卒業編~ [映画]

前作を観てますからね、観るでしょ。

前作の感想はこちら





いやね、本当に前作が謎も問題も何1つ解決してなかったので、
これを観ないことにはすっきりしないんですよ。

ふざけてるような殺せんせーだけど、悲しい過去があるわけです。
そして、にのみあさんの実写登場!カッコいい。かわいい。文句なし。

アクションあり、友情あり、愛情あり、そしてちと泣ける、想像以上に楽しめました。

だけど、途中で、“あ、3年E組って中学生か!”と改めてびっくり。
だって、どう見ても中学生には見えないでしょ。見ながら高校生が頭に浮かんでたので。
それとも今の中学生ってこんなもの?

なぜ、殺せんせーが3年E組に来たのか、生徒と殺せんせーの絆が何なのか、生徒たちは何を胸に抱えてこれからの人生を歩んでいくのか…
なかなかの青春ですよ。

私のポイントとしては
成宮くんがあっけなさすぎたこと。あれだけ苦労して恨みを抱えて生きてきて、あんな姿にまでなって、あっさりやられすぎでしょ。

それと、GANTZといい、母と暮せばといい、暗殺教室といい、ニノが最後まで生きてる映画はないのか!
プラデは生きてるけど捕まってるし…コメディーでもいいから楽しく終わる作品に出てほしい。

今回の最高にかわいい殺せんせーは「おっぱい」と騒ぎまくるところと(ブースでニノがおっぱいを連呼してる姿を想像すると面白い)

index.jpg
“先生、主役やりたい”

これに限ります!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『朝鮮名探偵1・2』 まとめて観ました [映画]

キム・ミョンミン主演 朝鮮名探偵シリーズ
WOWOWで録画してたのを一気に見ましたよ。




これがパート1で




これがパート2

ひと言でいうと面白かった。
勧善懲悪で、主人公が女性に弱くて、頼りになる相棒がいて…王道ですよ。

主演はキム・ミョンミン

日本だとベートーベンウィルスなんですかね。




私が最初に認識したのは『不滅の李舜臣』
確かこの作品でKBS演技大賞の大賞を受賞した気がするんですよね。
声が素敵な俳優さん。コメディーの芝居が結構好きですね。

相棒のソピル役はオ・ダルグ
韓国にはなくてはならない脇だと思います。
パート1で明かされた正体はかなり手広く商売をする商人だったのに、パート2ではもはや単なる下僕と化してますね。でも必要不可欠の存在です。

ヒロインは
パート1でハン・ジミン
パート2でイ・ヨニ
個人的にはハン・ジミンのほうが好きですけどね。パート2でも出るのかと期待してたけど出ませんでした。

パート1は
正祖チョンジョ16年(1782年)、貢納の不正を隠蔽しようとする官僚たちの動きを察知した正祖は、朝鮮一の名探偵に事件の調査を命じる。捜査の初日から刺客に狙われる名探偵は、犬商人のソピルに助けられ、彼とともに事件の手がかりである“ヒメトリカブト”の花を探しにチョクソン(積城)へ向かうのだった…。(yahoo映画より)

パート2は
李氏朝鮮第22代国王・正祖の密命を受け、巨大な陰謀に挑んだ名探偵キム・ミンは、一時は王の寵愛を受けたものの、今は島流しの身になっていた。そんな彼のもとに相棒の商人ソピルが訪ねてくる。ソピルの話によれば、世間ではニセの銀が流通して経済が混乱しているという。さらに、行方不明の妹を探したいという少女からの依頼も舞い込み、探偵としての血が騒いだキム・ミンは2つの事件を追うため島を脱出。謎の美女ヒサコに翻弄されながらも、真相に迫っていくが……。(eiga.comより)

メインキャストの2人が芸達者なので、どちらもテンポがよく、笑いあり、ちょっと泣けるシーンもありの映画です。人間はみな平等だという思いが根底にあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

劇場版 MOZU [映画]

観てきましたよ。

もちろんドラマ全部観てますからね。

最初のシリーズはこれ




シーズン2がこちら





もちろん、どちらも西島秀俊さん、香川照之さん、真木よう子さんが主人公なのですが…

やっぱり特筆すべきは脇役の怪演ですよね。
池松壮亮の新谷、長谷川博己の東

特に池松くんは最高でした。

さて、映画
決して好きなシリーズと言い難いのは、とにかく全篇を通して色が暗い。
これだけで気分が憂うつになりますよ。

内容は
あるテロリスト集団による犯行が行われる裏で、大使館の車が襲撃される。
偶然その場に居合わせた倉木(西島秀俊)は誘拐されようとする少女を助け大杉(香川照之)に預ける。
テロリスト集団を率いるのは権藤(松坂桃李)。そしてその権藤を陰で操る高柳(伊勢谷友介)と対峙した倉木は彼がダルマと関係があることを知る。
そして保護した少女エレナと引き換えだと明星(真木よう子)とめぐみを誘拐された倉木と大杉はエレナを連れてペナム共和国に飛ぶ。

ってな内容です。

たけしさんってあんなにかつぜつが悪いのに、なぜだかものすごく存在感があって、へらへら笑ってるのに怖い。
松坂桃李もイッちゃってる感かなりあります。

そして帰ってきた新谷和彦…ストーリーにはまったく絡まないのに存在感あります。

そして何よりも倉木は事件とかエレナとか本当はどうでもよくって
ただひたすら妻と娘が死んだ真相が知りたいだけですな。
ハッピーエンドとは言えない気がしますが、とりあえず真相は分かってよかったね!って映画でした。

やっぱりこういう内容は面白いってものじゃないんだなぁ…と思いました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『パイレーツ』 原題は해적: 바다로 간 산적(海賊:海へ行った山賊) [映画]

この映画を見るために行きましたよ。

ついに!初のTOHO新宿

IMG_2476.PNG

ゴジラが向こうから迎えてくれました。

さてパイレーツ
主演は

キム・ナムギル
私が初めて彼を知ったころはまだ昔の芸名でしたよね~
なかなかのイケメンだったけど映画で主役をやるまでになるとは思ってませんでした。

ソン・イェジン
やっぱり夏の香りとかラブレターとか四月の雪???
ラブレターの原題はクラシックで大好きな映画です。

映画はコメディーかなぁ。
韓国では2014年8月6日公開。
大ヒットしました。

韓国の映画サイトからの情報抜粋は以下のとおり。


痛快なアクションアドベンチャー
朝鮮をゆるがす最強の盗賊たちの大決戦。

朝鮮の国璽をクジラが飲み込んだ?!

前代未聞の国璽強奪事件に朝廷は混乱に陥り
これを取り戻すべく朝鮮のあらゆる輩が海に集結する!

海を自由に行き交ううち突然国璽泥棒に仕立て上げられた海賊
クジラどころか海も初めて見るのに意気揚揚とクジラ狩りに繰り出す山賊
建国を目前に控え幸先の悪い開国勢力まで!

クジラを制するものが天下を手中に収める。

だそうです。

チャン・サジョン(キム・ナムギル)は謀反を起こして国を手に入れようとするイ・ソンゲに嫌気がさして官軍をやめて山賊になるんですけど、
昔は“お嬢さん”という感じで女性のことを“낭자(ナンジャ)”と呼ぶんですが、
私はサジョンがヨウォル(ソン・イェジン)をナンジャと呼ぶのがしっくりこなかったです。
山賊はナンジャとか言わないだろうし…

山賊の親分と海賊の女傑のいさかい&クジラとの戦いですかね。

でも、クジラは龍の使いと言われているので本来海賊は簡単にはクジラには逆らわないそうです。
というか映画に出てくるクジラ異常にでかいんです。

テンポもよくて面白かったです。CG大活躍ですね
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』 [映画]

東中野ポレポレ坐 全国先行上映観てきました。
もうね~こういうドキュメンタリー映画を魅せつけられてしまうと、どうしていいか分からなくなります。
胸が苦しくなります。

何度も何度も踏みつけられ傷つけられた沖縄の人々の涙と苦しみに、どう向き合っていいのか分かりません。

9条の会とか戦争をさせない1000人委員会とか…問題が山積みで、でも自分が生きてくために働かなくてはならず、ここ東京で毎回集会に参加することもできません。

でもね、沖縄の人は懐が深いと思いました。どんなにやりあっても決して一方的に相手を攻撃するのではなく、相手の立場を考え受け入れることができる。
国から一方的にお金が口座に振り込まれ、反対だと言えなくなってる人たちにも理解を示してる。
「賛成反対という線引きだけで海人を見てほしくない」という漁師さんは粋でした。

約100人の客席はほぼ満員。
夕方の上映だからか年配の方が9割。
でも、ぜひ若い人たちに50歳以下の人たちに観てほしい。

「今、ここで何が起きてるのか、ここに来て見てほしい」という若い女性の言葉も、「山も海も全てはそこに住んでる人たちのものだ」と演説してた菅原文太さん言葉も、「ここを通るなら私をひき殺してから行け」とトレーラーの前に立ちはだかる85歳のおばあの行動も、決して目をそむけてはいけない問題なのです。

沖縄の人にも、いろいろ言い分があって、この映画を支持しない人もいるとは思います。
でも、今、沖縄で何が起きてるのか少し、ほんの少し分かります。

http://ikusaba.com/
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スティング [映画]

久しぶりに、ずっと前に録画していて観てなかったスティングを観ました。




いや~もう千円で買えるのね。
そりゃそうだ。私が持ってたのなんてVHSだもの。
てなわけで、今回録画してあったものをBRに落としてVHSは処分しました。

たまに見たくなるんですよね。
製作は1973年、リアルタイムで映画を観ることはできませんでしたが、
忘れもしない、大学時代にロスに短期留学したときにハリウッドのポストカードを売ってるお店で
ポストカードを買いました。(もちろんまだある)

この映画のポール・ニューマンたるや、個人的にはハスラーより好きです。
ロバート・レッドフォードだって当時は30代。
『明日に向かって撃て』の面子なんですけどね。

今じゃ映画は一連の流れがスムーズでテンポのいい映画が好きですが
この映画の途中に入るサブタイトルはよかったなぁ。
初めて観たときはラストシーンで、本当にびっくりしたと同時に実に痛快でした。

ある程度の年齢の映画好きで知らない人はいないと思うほどの名作。
若くてまだ観てない人にも、ぜひ観てもらいたいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『ソロモンの偽証』 前篇・事件 [映画]

観てきました。
やっとですよ。とっくに後篇始まってますよ。。。

何がすごいって、映画のメインタイトルに“宮部みゆき”って出てくるんですよ。
なかなかないですよ。

原作はご存じだと思いますが、宮部みゆきの『ソロモンの偽証』です。













全然、面白くなかったという話も聞きましたが
私は面白かったです。

ただね~映画の前篇は1巻なんですよ。
この1巻は本で読んだときにおそろしく時間がかかりました。
宮部みゆきの本なら、どんなに分厚くても3日とかからず読む私が、たぶん1か月ぐらいかかりました。
長い導入部分なんですね。
そのときの私の感想はこちら

一度、読んでるものが映像化されると、ちょっと分かりやすいんですけど
初見だと、ちょっと見づらいかもしれません。

後篇見られるといいなぁ。DVDになる前に
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。