So-net無料ブログ作成

富山 初心に返ったよ [旅行]

さて、富山2日目。
母が“人生の約束”という映画を見ていたく感動したそうで、新湊へ行ってみたいと言うんですわ。いわゆるロケ地めぐりってやつですね。
なので行ってきましたよ。
image.jpeg
そう、私の中での新湊は運河の町なのですが、めっちゃきれいになっていてびっくり。

そして実は新湊はその昔、私が放送業界に構成作家の助手として入ってから、制作部に移って、最初にADとしてついた情報番組のロケ地でもあるのです。もう20年ぐらい前ですね。
そのお店がこちら。
image.jpeg
お惣菜を売ってる魚屋さんでこの惣菜は本当に美味しかったんだよなぁ。さすがに中には入りませんでしたが、何だかまだあったことがとても嬉しく、そして人生の約束のスタッフも買い物してたと読んで、さらに嬉しくなりました。
右も左も分からず、ひたすらディレクターの指示で走った日々。
実は正式にADとして作品に着いたのは、助手時代はこれとあともう1本だけで、それ以外はAPだったので私の原点ともいえる場所です。

話がそれましたが、他には
image.jpeg
多分フランス人が設計した橋
image.jpeg
映画で美保純のお店。実際は外観だけで内部はセットで撮影してます。
image.jpeg
漁協の若者たちの溜まり場
なと小一時間ほど回って富山市内に戻ってきました。

そして私が大好きな薬屋さん巡り。
image.jpeg
ここと池田屋さんに行きました。
どうも韓方薬とか生薬が好きです。
密かに薬膳とか、漢方の勉強をしようかと思ってるほどです。
池田屋さんでいろいろ薬を購入し、無事に帰宅。
富山、また行きたいなぁと思わせる町でした。

富山いいとこ見直したよ [旅行]

富山に行ってきました。
image.jpeg
北陸新幹線デビュー!なかなか快適でしたよ。
今回の旅は母のお供で富山ガラス美術館に行くことでした。
富山ガラス美術館は新しい国立競技場の設計者でもある隈研吾さんの設計で、木を多用した実に素敵な建物でした。富山市立図書館も併設されていて、この図書館に来るだけで富山に住む価値があると思ったほど。
図書館スペースは撮影する場合は許可かわ必要なので写真は撮りませんでしたが、内部はこんな感じ
image.jpeg image.jpeg
併設されてるカフェも素敵でした。
ガラス美術館は最上階の展示のみ撮影が許可されてました。
image.jpeg素敵だったなぁ。
何十年も前に情報番組の撮影に行って以来だったので、あまりの変わりぶりに驚きました。
image.jpeg
花や緑がとても多くて近代的な建物と古き時代の建物が共存してるイメージでした。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg

そして過去にストアデザイン賞を受賞して、世界で一番美しいと言われているスタバがこちら!
image.jpeg
スターバックス富山環水公園店。
機会があれば行ってみてほしいです。
2日目へ続く

高松塚古墳の壁画を見てきたよ ~でもまだ京都だよ篇~ [旅行]

まだまだ時間は腐るほどある…
が、飛鳥駅の周辺には何もない、ので引き続き京都散策中。

IMG_0720.JPG

変わったドアだと思いません?

それから木造3階建て
IMG_0721.JPG

そして京都御所のお庭。
めっちゃ広いよ。ベルサイユ宮殿を思い出したよ

IMG_0722.JPG

それとね、気になったのがこのサウナ。

IMG_0723.JPG
アップにするとこんな感じ
IMG_0724.JPG

果たしてこのサウナは普通のサウナなのか?

そして鴨川のど真ん中
IMG_0728.JPG

お昼は京野菜のおばんざいもどきです

IMG_0730.JPG

高松塚古墳の壁画を見てきたよ ~でもイノダコーヒー本店篇~ [旅行]

小学校のときから歴史の時間になると必ず出てくる高松塚古墳の絵。
もうロマンなわけですよ。

以前 1人で飛鳥を旅行したときも行きましたよ。もちろん中には入れないけどね。
飛鳥の石舞台古墳を見て蘇我馬子を思い出し、いろんな天皇の古墳を見て回り
飛鳥道を歩いて古の人たちに思いを馳せちゃったりしたわけです。

だって、古墳だよ。遥か昔からその場にたたずんで変わりゆく日本を見てきたんだよ。
ロマンですよ。

で、ある日ふとネットを見てたら修復中の高松塚古墳の壁画が見れると書いてあるではないか!
1月はめっちゃ忙しいと分かっていたのですが応募したら…


なんと!ご当選!
でも泊りがけで行く時間はなく、仕方なしに現地1日車中2泊の強行スケジュールで行ってきました。

IMG_0714.JPG

ちなみに夜行バスは初めてのVIPライナーを利用。
控室がいろいろあって便利でした。
バスは行きは4人掛けの女性安心バス。女性のとなりは女性のみってやつ。
が、私は隣がいなかったので楽々ゆったりで京都へ向かいました。

それから京都のVIPライナー待機室で明るくなるまで時間をつぶし
モーニングは前から行きたかったイノダコーヒー本店へ。

途中、こんな素敵な店がありましたよ。
IMG_0715.JPG

足袋のお店。もちろん着物なんて持ってないから買わなかったけどね。
さて、イノダコーヒー本店。
朝は7時からモーニングやってま~す。
IMG_0719.JPG

私が頼んだのは「京の朝食」ってモーニング。1200円也。
喫煙席にはおじさんが煙草を吸いながら新聞熟読中っていう朝のドトールをおしゃれにしたような光景が見受けられました。

店内はこんな感じ。

IMG_0732.PNG

喫煙席とは建物が違うので煙のにおいも一切しなくてよかった。

そして「京の朝食」

IMG_0718.JPG

こんな朝食は日光金谷ホテル以来ですよ。
おいしくいただきました。

このイノダコーヒーで感動することがあったんですよ。
私ね、こう見えてもなかなか編み物が得意ですの。
お気に入りのマフラーと手袋のセットがこれ

IMG_0735.JPG

で、お店を出て寒いから手袋をしようと思ったら片方ないんですよ。
実はこの手袋、前にも片方をなくして編み直したから微妙に色が違うんです。
でも図面に何かをこぼしてしまって、今は図面もない。
失くしたら使えない。

慌てて店に戻って捜したけどないんですのよ。
でも人が朝食を食べてる横でバタバタ捜すこともできず、泣く泣く店を後にしました
駅に向かって歩いてると、後方からハイヒールで勢いよくかけてくる音が…
振り返ると何と!イノダコーヒーの店員さんが上着も着ないで走ってくるではないですか。
しかも、片手には私の手袋を握りしめてる…

ありがとう!イノダコーヒーさん。 本当にうれしかったです
皆さんも京都に行かれる際には、ぜひイノダコーヒー本店へ。
ほかの料理もなかなかイケるそうですよ。
コーヒーも私はブラックでしたが、砂糖とミルクを入れ甘くして飲むのがいいみたいです。

イノダコーヒー本店の公式サイトはこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ポルトガル [旅行]

母が先週、ポルトガル旅行から帰ってきたので
土産話を聞きに実家に行ってきました。

私は弟が2年ぐらいポルトガルに住んでいたので弟がいるうちに行ってきたのですが
母は今回が初めて。
ツアーなので私みたいにリスボンとその郊外だけ
なんてことはなく楽しんできたようです。

ポルトガルは旅行者にとっては比較的安全なところだと思います。
人も陽気でやさしいですしね。

母が行ったときはなんと気温が40度を超える日があったとか…

燃料費がバカみたいに高くなった最近はなかなか旅行にもいけませんよね…


ようこそポルトガル食堂へ (私のとっておき)

ようこそポルトガル食堂へ (私のとっておき)

  • 作者: 馬田 草織
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本



ポルトガルの食事は基本的には煮込みが多いです。
弟曰く、油を使ったものが多いので、食後にエスプレッソを飲んでその油を流すのだそうです。
ホントか???

私は1週間ぐらい行っていたのですが途中で胃もたれに悩まされました。
食べたいものはガイドブックの写真を見てもたくさんあるのですが、胃袋がそれについていかず…

そしてポルトガルで忘れてならないのがファド


Terra

Terra

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: CD



今、ポルトガルで1番人気のあるファド歌手が彼女。
ちなみに母のお土産も彼女のCDでした。
ポルトガル人にとってファドはまさに魂の叫び。
週末の夜になるといきなり食堂のおっちゃんがファドを歌う歌手に早代わりなんてこともあります。

私が弟に連れて行ってもらったファドの食堂は地元の人しか来ないようなところで
エネルギッシュな空間でした。

メッセージを送る