So-net無料ブログ作成
検索選択

『そこのみにて光輝く』 ※ちょっとだけネタバレあり [映画]

観てきました。やっぱりよかった。
悲しいねぇ。切ないねぇ。 家族って何なんだろうねぇ。

原作は





佐藤泰志さんは芥川賞や三島由紀夫賞の候補に6回選出されるも、一度の受賞も叶わず41歳にしてみずからの命を断ちました。

私が注目したのは2010年の映画『海炭市叙景』を観てからです。
そのときに書いたブログはこちら

家族って何だろうって考えさせられるんですよ。

映画を観終った時に隣の2人連れの女性が「池脇千鶴がかわいそうすぎる~」と言ってたんですよ。
確かにかわいそうすぎるの。でも家族のためなんですよね。
私が母親だったら娘にあんなことさせられないし、薬をさっさと飲ませるだろうし…
弟だって最終的には家族のためなんですよ。
悲しいですね。

佐藤さんの作品は「家族」が大きなテーマになってると思います。
幸せな家族だけじゃなくて、家族のせいでつらい目にあっても捨てられない切り離せない悲しみとか切なさが伝わります。

監督は『オカンの嫁入り』の呉美保さんです。

綾野剛くん…いい俳優さんですよね~特別うまいとは思わないけど雰囲気のある俳優さんです。
思ったら、私の好きな俳優さん、永瀬正敏、浅野忠信、加瀬亮、綾野剛…似てる…

池脇千鶴さん 絶対に上手って分かってるけどやっぱり上手。失礼な言い方かもしれないけど、むっちりした二の腕に生活感が出ていてよかったです。この撮影のために太った?と思ったほど…
原作ではバツイチですけど、映画ではその設定は省かれてましたね。

菅田将暉くん いいですよねぇ。彼も。現在、悪魔さんだけど…^^;
彼が達夫に殴られるシーンは泣けました。

お勧めです。R指定入ってますけど…

現在は
テアトル新宿 6/20まで、シネマート六本木 5/30まで、キネカ大森で上映中です。
そして6月14日からシネマジャック/ベティ似て上映です。
ベティは濱マイクシリーズの舞台となった横浜日劇の隣にあった映画館
日劇は無くなっちゃったけどベティが残ってるのはうれしいなぁ。
メッセージを送る