So-net無料ブログ作成
検索選択

伝説となった韓国の恋愛映画ベスト5 [映画]

っていう記事が、韓国のとあるネット新聞に掲載されてました。

ご無沙汰してました。諸処の事情によりメンタルが崩壊し(あ、病気とかじゃありませんので)
ブログなんて書く気にもなれなかったし、映画なんて観てもなかったのですが、
今日はこの記事が目にとまりました。

ちなみに私は5本とも観てまして、個人的には納得の映画です。

1位 春の日は過ぎゆく イ・ヨンエ/ユ・ジテ





韓国の恋愛映画が好きな人なら、必ず知ってると言っても過言ではないほどの名作です。
考えてみたらこれがリストに入ってないのも不思議である『八月のクリスマス』のホ・ジノ監督の2本目の作品です。
2001年公開。イ・ヨンエの“라면 먹고 갈래?(ラーメン食べてく?)”というせりふは流行語となり、今でも使われてますよね。
音効監督(サウンドマネージャー)のサンウ(ユ・ジテ)とラジオ局のPDウンス(イ・ヨンエ)の愛を描いた作品です。イ・ヨンエの名ぜりふが上記ならユ・ジテの“어떻게 사랑이 변하니?(どうして愛する気持ちが変わるんだ?:若干直訳)”というセリフもよかったよな~
ちょっと古い映画ですけど、見てない方はお勧めです。

2. 猟奇的な彼女 チョ・ジヒョン/チャ・テヒョン





いや~ラブコメですよ。最高に面白かった。それでいてちょっと泣けます。
このときのチョン・ジヒョンのかわいさといったら、別世界のものでした。
この映画が出るとなると一緒に見てほしいのが『僕の彼女を紹介します』
監督と主演(チョン・ジヒョン)が一緒なせいか同じ世界観を感じます。順序でいうと『僕の彼女を紹介します』が先ですかね。この映画の最後にカメオとしてチャ・テヒョンが出てきます。

あ、映画の紹介を忘れてましたが
平凡な大学生ギョヌ(チャ・テヒョン)と彼の前に現れた猟奇的な彼女の恋愛を描いた作品で韓国では観客動員数480万人を超えた映画です。

3. クラシック チョ・インソン/チョ・スンウ/ソン・イェジン

2003年公開。ソン・イェジンを一気にスターにした作品です。
いや~この映画、大好きだわ。家にあるので今でもたまにみます。

同じ大学に通うジヘ(ソン・イェジン)とスギョンは先輩サンミン(チョ・インソン)に恋をするところから始まり、ジヘの母親の初恋が描かれ、それと現代の2人がリンクしてくる話です。
雨の中を2人が1枚のジャケットをかぶって走るシーンは音楽と共にいまだに恋愛映画の名場面として語られてます。


このときのソン・イェジンもかわいかったな~

4. 私の頭の中の消しゴム チョン・ウソン/ソン・イェジン





2003年公開。
いわずとしれた原作は日本の小説ですが…この映画の完成度はかなり高い。
チョン・ウソンって『太陽がない』って作品と違って恋愛モノもいけるじゃ~んって感じの映画。
泣いた、泣いた。
この映画とクラシックは家にあるので今でもたまに見て泣きます。

ちなみのこの映画はディレクターズカット版がお勧め。字幕なかったかもしれないけど。
私は韓国の映画館で初めて観た作品が前述の『僕の彼女を紹介します』で2本目がこの映画なんですが
忘れもしない、当時大ファンだったソン・スンホンの入隊を見送りにいった前日かな~映画館で観たんですよね~
いろんな意味で思い出の映画です。
若年性アルツハイマーの話で
“聞いた? 私の頭の中に消しゴムがあるって…”というのが切ない…
最後の起きるささやかな奇跡もすてきでした。
この映画を観てコミという歌手が大好きになりました거미は韓国語で蜘蛛という意味なんですが
彼女、本当に歌が上手で最近では『太陽の末裔』、『구름미 그린 달빛』でOSTを歌ってますよね

5. 建築学概論 個人的にはイ・ジェフン/スジ





2012年公開。
大学で建築学科に通うスンミン(イ・ジェフン)は音楽家に通うソヨン(スジ)と出会い、互いに恋心を抱きますが、ジェフンは奥手でなかなか自分の気持ちを伝えられません。ささいなことですれ違ってしまった2人。それから月日が流れ、建築家になったスンミン(オム・テウン)の前にスヨン(ハン・ガイン)が現れます

これも韓国で見た恋愛映画の中では久々によかったなぁ~と思った映画でした。
初恋をテーマにした映画は切ないものが多く…泣けるのが多いです。

恋愛映画が嫌いじゃない人は5本ともお勧めです。
加えて
八月のクリスマス
僕の彼女を紹介します

もね!
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

ゆきねこ

大変ご無沙汰しています。なに!?メンタルが大変だったの。
くれぐれもご自愛くださいね。
「八月のクリスマス」懐かしい~。
韓流なんて言葉がまだない時代、だったはず。
よい作品でしたね。
by ゆきねこ (2016-09-29 09:52) 

kasuchan

すっかり放置してた間にコメントありがとう!仕事のこととかいろいろあったり、SMAPの解散に多いなショックを受けてたり^^;;
「八月のクリスマス」は名作だよね~

またこっちに来ることがあったら声かけてね~
by kasuchan (2017-04-27 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る