So-net無料ブログ作成
検索選択

暗殺教室~卒業編~ [映画]

前作を観てますからね、観るでしょ。

前作の感想はこちら





いやね、本当に前作が謎も問題も何1つ解決してなかったので、
これを観ないことにはすっきりしないんですよ。

ふざけてるような殺せんせーだけど、悲しい過去があるわけです。
そして、にのみあさんの実写登場!カッコいい。かわいい。文句なし。

アクションあり、友情あり、愛情あり、そしてちと泣ける、想像以上に楽しめました。

だけど、途中で、“あ、3年E組って中学生か!”と改めてびっくり。
だって、どう見ても中学生には見えないでしょ。見ながら高校生が頭に浮かんでたので。
それとも今の中学生ってこんなもの?

なぜ、殺せんせーが3年E組に来たのか、生徒と殺せんせーの絆が何なのか、生徒たちは何を胸に抱えてこれからの人生を歩んでいくのか…
なかなかの青春ですよ。

私のポイントとしては
成宮くんがあっけなさすぎたこと。あれだけ苦労して恨みを抱えて生きてきて、あんな姿にまでなって、あっさりやられすぎでしょ。

それと、GANTZといい、母と暮せばといい、暗殺教室といい、ニノが最後まで生きてる映画はないのか!
プラデは生きてるけど捕まってるし…コメディーでもいいから楽しく終わる作品に出てほしい。

今回の最高にかわいい殺せんせーは「おっぱい」と騒ぎまくるところと(ブースでニノがおっぱいを連呼してる姿を想像すると面白い)

index.jpg
“先生、主役やりたい”

これに限ります!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。